ウエディングブログ

2021/08/23

ドレスが決まったら…?ウエディングベールの種類とデザイン

出典:https://greenweddingshoes.com/bohemian-camp-wedding-in-the-colorado-mountains/

みなさまこんにちは! ザ・グランドティアラSenjuのブログをご覧いただきありがとうございます。

花嫁にとって、ウエディングドレスと合わせて、小物選びもとても重要ですよね♪

中でもウエディングベールはベールダウンなどの演出もあることから、とても目を引くアイテムです!

今回はウエディングベールの由来や様々な種類をご紹介します。

ウエディングベールの由来

出典:https://www.kathrynhyslopphotography.com/blog/2019/6/25/st-kilians-and-doubletree-cranberry-wedding-shelby-amp-anthony

ウエディングベールは古代ギリシャでは、清らかなものの象徴とされており、花嫁を守る魔除けとされていたそうです。

お母様が花嫁の顔にベールをかぶせるベールダウンをするのは、娘を災いから守るという意味があるんだそう。

また、新郎がそのベールをあげるベールアップは、二人の間の壁を取り払うという意味があるんです。

ウエディングベールの長さ

出典:https://www.mywedding.com/dresses/shoes-accessories/how-to-choose-a-wedding-veil-to-match-your-dress-theme/

ウエディングベールはまず長さによって会場での見え方も大きく変わります!

ドレスの形や、出したい雰囲気を考えて選んでみましょう♪

ショートベール

背中くらいまでの短めのベール。

背中や腰にポイントがあるがドレスと合わせると、その部分をしっかり見せることができます。

ミディアムベール

膝くらいまでのベールで、ポピュラーな長さです。

存在感を出しつつ、動きやすさもあるため、どんな長さドレスや式場とも合わせやすいのがポイント。

ロングベール

背丈を超えて、床に広がるくらいの長いタイプのベール。

チャペルでの挙式形式などの場合、ヴァージンロードに広がる様子がとても美しく、ゲストの目を引くとても存在感のある長さです。

裾のレースデザインなども美しく見せることができます。

ウエディングベールの形

出典:https://clairepettibone.com/blogs/news/silver-horizon?epik=dj0yJnU9N051bHU4U0YxOWhra1lIREdNS2RZM3ZTMW1oSTE3cE4mcD0wJm49ZklxbXAxUS1vSm1ORGlJanVFMjA5USZ0PUFBQUFBR0QxRXlz

バルーンベール

ふんわりと丸いシルエットのベールです。
顔にかぶせるとふわっと立体感のあるデザインになっています。

マリアベール

聖母マリアが着けていたと言われていることから、この名前がついています。
フェイスラインに沿うようにふわりとかけたベールで、横顔を美しく見せてくれます。

ジュリエットベール

ロミオとジュリエットのジュリエットが着けていたとされることがら、この名前がついています。

頭の形に沿ってベールを絞ったデザインです。

カッパーベール

ロングベールに手首や指先を通して羽織るベールです。

手の動きに合わせてなびくベールがとても素敵に見えます。

 

いかがでしょうか?

ザ・グランドティアラSenjuのブログでは、結婚式にまつわる知識やアイデアをご紹介していきます。

次回のブログもお楽しみに♪

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリーンショット、文章においては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即時対応いたします。

三重県四日市エリアの結婚式場/ザ・グランドティアラsenju

BRIDAL FAIR

各種ブライダルフェアのご紹介。まずはフェアに参加し式のイメージづくりを。

もっと見る

PLAN

おふたりの素敵な一日を演出する
さまざまな種類のプランをご紹介

もっと見る