ウエディングブログ

2021/03/29

「紅差しの儀」で花嫁からお母様へ感謝の気持ちを

みなさまこんにちは! ザ・グランドティアラSenjuのブログをご覧いただきありがとうございます。

チャペル式の結婚式では、お母様が花嫁のベールをおろす「ベールダウン」が有名ですが、
和婚の結婚式で定番の「紅差しの儀」をご存知ですか?

今まで育ててくれたご家族への感謝を表すのにおすすめセレモニーなんです♪

紅差しの儀とは?

紅差しの儀とは、お母様が花嫁の身支度の最後に、口紅を塗ってあげることを言います。

「紅引きの儀」や「嫁ぎの紅」と呼ばれることも。

昔から紅は無病息災や魔除け、お祝いの象徴だったため、結婚してこれから新しい人生を歩む娘への、「幸せになってね」というお母様の気持ちが込められた感動的な儀式となります。

取り入れるタイミングは?

①お仕度

一番多いのは、ヘアメイクが全て終わったあと、最後の仕上げとしてお母様に口紅を差してもらう方法。
ブライズルームで落ち着いて家族との時間をとることができそうですね。

②挙式の前

式場に入る前は一番緊張する瞬間かもしれません。
挙式の前の待合室などで紅差しを行い、ご家族から「がんばって」と声をかけていただくことで、少し緊張がほぐれるかも。

③挙式でバージンロードを歩く前

ゲストの前で紅差しの儀を行う演出もあります。
和装の挙式の場合は、バージンロードを歩く前に、ベールダウンと同じタイミングで行うのがおすすめ♪
母と娘の感動的な瞬間に、涙するゲストも多いんだそう!

いかがでしょうか?

和装の結婚式にぴったりの「紅差しの儀」。ぜひ取り入れてみてくださいね!

次回のブログもお楽しみに♪

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリーンショット、文章においては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即時対応いたします。

三重県四日市エリアの結婚式場/ザ・グランドティアラsenju

BRIDAL FAIR

各種ブライダルフェアのご紹介。まずはフェアに参加し式のイメージづくりを。

もっと見る

PLAN

おふたりの素敵な一日を演出する
さまざまな種類のプランをご紹介

もっと見る